涙のアラサー日記

結婚を約束していた彼と別れました。新しい人生を始めるためのブログです。

彼のいない世界を生きていく

今日は彼のご両親に会いに行く夢を見ました。最悪。見たくなかった。

 

お付き合いした5年半は、くっついたり離れたりの繰り返しで、順風満帆な関係ではなかったけど、なんとか彼と結婚することになり、私の親に会ってもらいました。今年の8月です。

 

次は、私が彼のご両親に会いに行く番だったんですよね。

 

それも叶わずに終わってしまった。

 

まだ彼との結婚願望があるから、諦めきれないから、こうして夢に現れたんですかね。

 

苦しい。

 

見たくなかった。

 

ちなみに、夢の中では彼の家族から好かれなくて、彼に無神経なこと言われて傷ついていました。

 

目覚めたときの気分は最悪。

 

5年半、どんなに彼が自己中心的でも、どんなに喧嘩しても、私から歩み寄って「別れ」を避けました。

 

今思うと、そんな自分は惨めだった。

 

なんで今気づいたんだろう。

 

自分って本当に残念な人だと思う。

 

1年でも2年でも早く気づけば、今は違う人生を歩めてたかもしれない。

 

自分の視界には彼しか見えなくて、絶対に、絶対に、彼と一緒になりたかった。

 

なにかの縁で彼と出会えたと信じて、彼との関係が壊れないよう頑張ったのに。

 

みんな周りがどんどん結婚して、次こそは、次こそは、自分だ!って思っていたのに。

 

結局自分の番は来ませんでした。

 

苦しい。

 

ただただ苦しい。

 

彼との関係は、いつ崩れてもおかしくないほど脆かったのに、私が無理矢理支えていたんですね。

 

それでもこの5年半、良くも悪くも、私の世界には彼が存在していました。

 

だから彼のいない人生が怖い。