涙のアラサー日記

結婚を約束していた彼と別れました。新しい人生を始めるためのブログです。

元カレはアスペルガー症候群?

実は今日、たまたまネットで見かけた記事にハッとさせられたことがありました。

 

その記事は、アスペルガー障害のある夫との関係に悩んでいる奥様のお話。

 

大人のアスペルガー症候群についての特徴が記されており、ほとんどが私の元彼に当てはまっていたんです。

 

彼はアスペルガーだったの?

 

どうなんだろう。でも、彼の特徴がほぼ一致します。

 

例えば、人情味のない発言をするところ。

ある時、私の母が泣いていました。母の誕生日に叔父(母の兄)が病気で亡くなったので、その日は朝から泣いていたんです。

母はとても悲しそうで、見てるだけで辛くなると彼に伝えたところ、

「別にいいんじゃない?人間いつかみんな死ぬんだから」と発言した彼。

 

お付き合いした5年半、目も耳も疑うような発言や行動が繰り返しありました。

 

アスペルガーは、相手の気持ちや意図を想像したり、自分の発言や行動が他人に与える印象を想像することが苦手な人が多く、その場の雰囲気に沿わない素直過ぎる発言をするそうです。

 

言い出したら切りがないのですが、私が落ち込んで泣きながら悩みを聞いてもらった時も、大声であくびをされて衝撃を受けたことがあります。なんでこの人は空気が読めなく人を傷つけられるんだろうと考えこんだ時期がありました。

 

次の特徴は、人間関係の構築。

彼はおしゃべりな人でしたが、コミュニケーションが不得意で長年の友達がいません。

どういう経緯で関係が終わったのかは知りませんが、2、3年付き合っては終わって、次に新しい友達できても2、3年付き合って終わっています。

上司や周りの人とトラブルになることが多く(彼はトラブルと思っていませんでした)、なぜそうなるのか本人にはわからないようでした。

 

上記の特徴はほんの一部ですが、他にもアスペルガーの特徴である、執拗なこだわりや約束や用事をすることができないなど、特徴のほとんどに当てはまりました。

 

彼と付き合っていた時は、なぜ彼はこんなに無神経なのだろうと悩みました。

悪気はないのだろうけど、彼の母や姉のことを傷つけるような発言をしたこともあり、「あなたの頭はおかしい」と大喧嘩になったこともあります。

 

今日この記事を見つけるまで、彼はただ性格が歪んで愛情の薄い人だったんだろうと思っていました。これに加えて、私をそこまで好きじゃなかったから冷たかったんだろうと。

 

彼は発達障害だったのではないか?と、ぐるぐる過去の記憶を思い出していました。

 アスペルガー系の記事を読めば読むほど、彼はこの障害を持っていたのではないかと疑ってしまいます。

 

彼に直接、性格に問題があると指摘したことがあり、一応彼も頑張って直そうとしていた時期もあったんです。

 

不器用で、無神経で、愛情の欠ける人だったけど、頑張って性格を直そうとしていた時の姿を思い出すと憎めなくなる。

 

 憎めなくなると彼に対して愛情が復活するから、何もいいことないですね。

 

せっかくの休日。彼のことを思い出すのはやめよう。

 

人気ブログランキングへ